最近の記事
header_logo.GIF

フランス語・フランス進出・フランス旅行・結婚式ならお任せ下さい

2010年02月25日

ミレジム・ビオ 2010 盛況

有機栽培のぶどうから造ったワインだけの業界関係者向けの国際展示会、ミレ
ジム・ビオ(Millesime Bio)が1月25日〜27日、南フランスのモンぺリエで開催
された。
この展示会は、ラングドック・ルーシヨン ビオロジックワイン職業間組織協
会(AIVB-LR)の主催で、1993年から開始され、今年で17回目。
出展業者は昨年より38%増加して、フランス、イタリアなど12カ国から489社が
参加。来場者数は、昨年より58%増加して、2,700人となった。海外からは、日
本を含め、25カ国から来場者が訪れた。また日本のメディアも含め、フランス
内外から150名のジャーナリストも来場した。主催者側は、この来場者数の増
加について、ビオワインの市場が伸びており、その需要が国際的に拡大してい
ることなどを理由として挙げている。
また、昨年11月16日に行なわれた有機栽培のぶどうから造ったワインを対象と
した品評会「チャレンジ・ミレジム・ビオ」の表彰式も、ミレジム・ビオの中
で行なわれた。
(AIVB-LR プレスリリース、
 チャレンジ・ミレジム・ビオについては、フランス食の広場266号参照)


posted by Mark at 00:00| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

FOODEX JAPAN 2010 : フランス館に「フランスの食」が集合!

幕張メッセで行われるFOODEX JAPAN2010に、フランスのヴァラエティに富んだ
食品・ワイン・食にまつわる様々な商品を取り扱う、日本市場への参加に意欲
的な企業が出展いたします。ニューカレドニア、タヒチからの特産品もフラン
ス館に華を添えるなど、例年に増して活気に満ちたフランス館にぜひお越しく
ださい。
フランス農水省の要請により、フランス食品振興会(SOPEXA)はフランス館を運
営いたします。

【概要】
フランス館位置:ホール5 5C01
会期:2010年3月2日(火)〜3月5日(金)
展示会場 : 幕張メッセ
主催者 : 日本能率協会 (JMA)
Webアドレス: http://www.jma.or.jp/foodex/
※FOODEX JAPAN 2010は、業界関係者のみを対象としたイベントです。

★フランス館出展企業リストを公開しました。以下でご覧ください:
http://www.franceshoku.com/pages/2010/foodex10_list.html
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第50回 オーギュスト・エスコフィエ国際グラン・プリ

モンテ・カルロのレストラン「エルミタージュ」の料理人、パスカル・ガリグ
が、第50回オーギュスト・エスコフィエ国際グラン・プリを受賞した。同時に
パティシエ賞も受賞した。
ガリグ氏はモンテ・カルロにあるレストラン「エルミタージュ」で料理人とし
てつとめている。決勝進出者は、ガリグ氏を含め、フランス、イギリス、チリ
などからの6名。
規定の4時間30分の間に、オーギュスト・エスコフィエの旅に影響を受けたア
ミューズ・ブーシュと、ノロジカの料理、デザートはチョコレートの熱いスフ
レのタルトであった。
(hotellerie,2/6)
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一回全国ワインツーリズム賞

1月27日、第一回全国ワインツーリズム賞の授与式が行なわれ、エルヴェ・ノ
ヴェリ観光担当大臣らが表彰を行なった。この賞はワインツーリズム審議会
*)(Conseil Superieur de l'Oenotourisme)の主催で、ワインツーリズムの発
展に寄与した活動を表彰するもので、初めての試みとなった今回、フランス全
土の業界関係者の関心を呼び起こし、260あまりの候補者が応募した。審査は
カーヴと施設の活用、宿泊とレストラン、他の観光資源と共同活動を行なった
メゾン・ド・ヴァン、ワインツーリズム関連商品の促進の4つの部門に分かれ
て行なわれた。さらに、ワインツーリズムの開拓者として、特別賞も設けられ
た。今年の観光シーズンには、受賞施設にはラベルを配布する予定である。
各部門の受賞企業は以下のとおり:

1)カーヴと施設の活用
   la Maison Cazes (リヴザルト)
2)宿泊とレストラン
   la Maison & La Table d'Olivier Leflaive
      (ピュリニィ・モンラッシェ)
3)他の観光資源と共同活動を行なったメゾン・ド・ヴァン
   La Route des Vins du Jura
4)ワインツーリズム関連商品の促進
   アルザスの独立系醸造家組合(Synvira)によるピクニック

(La journee vinicole,1/29;
http://www.prix-oenotourisme.com/index.html

*)2009年3月に、当時のミシェル・バルニエ農相と、エルヴェ・ノヴェリ観光
相が共同で設置した組織。2008年5月に政府が発表した、「フランスのワイン
産業の改革5カ年計画」の中でも、ワインツーリズムは一つの目標として掲げ
られていた。
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

2010年1月アクセスランキング

合計 366 650
1./index.rdf  23.1% 66 150
2.トップページ  22.6% 103 147
3.駐日フランス大使館・総領事館  5.8% 38 38
4.トラノイ・オム1月展」「アトモスフェール3月..  3.5% 21 23
5.メゾン・エ・オブジェ2010 1月展(MAISON&..  3.1% 20 20
6./pages/user/m/comments/regist/input  2.0% 7 13
7.IBPCパリ経済交流ミッション 参加者募集  2.0% 13 13
8.フランスが取締役会の男女比半々を検討  2.0% 12 13
9./category/5758719-1.html  1.7% 8 11
10.海外進出セミナー ( 『 現地化力 』、『日..  1.5% 4 10
11.】欧州最大級の環境・エネルギーの国際見本..  1.5% 10 10
12.「アペリティフの日」全国8都市で7,030名が..  1.4% 9 9
13./pages/user/m/article  1.2% 7 8
14./index-3.html  1.1% 4 7
15./archives/200904-1.html  1.1% 7 7
16./category/5758712-1.html  1.1% 5 7
17.フランスにおける従業員の辞職、交渉による..  0.9% 5 6
18./category/5621596-1.html  0.9% 6 6
19.2009フランス進出企業リスト  0.9% 5 6
20.フランス・ヴァルドワーズ地域 企業交流セ..  0.9%
posted by Mark at 21:03| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

EU:ビオロジック製品についての新しいロゴ決定 Un nouveau logo selectionne pour tous les produits biologiques de l’Union europeenne

EUが新しいビオロジック製品についてのロゴを発表した。このロゴは、全欧の
芸術、デザインの学生を対象に募集した3,500点に及ぶデザインから、国際的
にも著名な専門家たちによる審査委員会が3点を選び、この3点について2ヶ月
にわたり、EUのサイトで、一般からの投票を受け付けていた。
このほど、全投票数の63%を獲得した作品が、新しいロゴデザインとして決定
した。デザインをしたのは、ドイツ人の学生で、葉をイメージしたもの。
新デザインは以下で:
http://ec.europa.eu/agriculture/organic/logo/index_en.htm

なお、新しいデザインのロゴは、2010年7月1日から、EUで生産された、すべて
の事前包装されたビオロジック製品(包装をあけないかぎり、中身を変えられ
ないもの)に表示することが義務付けられる*)。輸入製品については、掲載は
任意となる。
*)現在、EUのビオロジックのロゴの表示は任意。

(EU プレスリリース、2/8)
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベスト・オブ・ワインツーリズム

ボルドー商工会議所が主催し、ボルドーで最もすぐれたワインツーリズムを提
供する生産者・施設を表彰するの授賞式が11月5日、
シャトー・ジスクールで行われた。今年で7回目。選考は「建築」 「文化芸
術」「宿泊」「発見と革新」「イベント」 「環境にやさしいワインツーリズ
ム」の部門にわけて行われ、金賞6軒、銀賞11軒が選ばれた。
金賞は以下のとおり。
 Chateau de Sales (「建築」)
 Chateau d'Arsac (「文化芸術」)
 La Winery (「発見と革新」)
 Chateau Pape Clement (「イベント」)
 Chateau de Mole (「宿泊」)
 Domaine de Cantemerle (「環境にやさしいワインツーリズム」)

※受賞ワイナリーは写真付きで紹介されています。
http://bestof.bordeaux-ecobiz.biz/ccib/tobcclub.nsf/EXMHP?ReadForm&hp=
TBVGN/Fr-ConcoursBestOfPalmares2010

また、ボルドーを含めた世界の8つのワインツーリズム中心都市で形成する
「Great Wine Capitals*」では毎年、加盟8都市それぞれで選ばれたの受賞者の中から、カテゴリーごとに世界のトップを決定して
いる。フランスからは、Chateau Pape Clementがサービス部門で世界のトップ
となった。

*1999年結成。加盟都市はボルドー(フランス)、ビルバオ(スペイン)、ケープ
タウン(南ア)、フィレンツェ(イタリア)、メルボルン(オーストラリア)、メン
ドーザ(アルゼンチン)、ポルト(ポルトガル)、サンフランシスコ&ナパ・ヴァ
レー(アメリカ)。http://www.greatwinecapitals.com/index.htm
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

2009年10月アクセスランキング

合計 363 888
1./index.rdf  31.0% 141 275
2.トップページ  25.5% 139 226
3.海外進出セミナー ( 『 現地化力 』、『日..  3.7% 18 33
4.駐日フランス大使館・総領事館  3.6% 30 32
5.フランス・パリ経済圏『ヴァルドワーズ県』..  3.2% 19 28
6.フランス雇用紛争の背景  2.5% 12 22
7.IBPCパリ経済交流ミッション 参加者募集  2.5% 21 22
8.トラノイ・オム1月展」「アトモスフェール3月..  2.0% 17 18
9.トラノイ・オム1月展」「アトモスフェール3月..  1.8% 16 16
10.ジェトロのビジネス情報国・地域別情報(J-F..  1.6% 12 14
11.2009フランス進出企業リスト  1.6% 8 14
12./archives/200904-1.html  1.5% 3 13
13.】欧州最大級の環境・エネルギーの国際見本..  1.5% 13 13
14.「アペリティフの日」全国8都市で7,030名が..  1.5% 13 13
15.フランスにおける管理職の取り扱い    ..  1.4% 10 12
16./pages/user/m/comments/regist/input  1.1% 5 10
17.ユニクロ「パリ オペラ店」10月1日オー..  1.0% 8 9
18.2009年8月 アクセスランキング  0.9% 5 8
19./category/5621596-1.html  0.8% 7 7
20./pages/user/m/article  0.7%
posted by Mark at 00:02| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

アトモスフェール3月展」(※会期決定)出品者募集中!

ジェトロは、海外市場における日本のアパレル製品の認知度向上およびビジネ
ス・チャンスの拡大を目的に、日本のファッションデザイナーをとりまとめて
「アトモスフェール3月展」に参加します。
この機会にぜひ出品をご検討ください。

◇会期:2010年3月5日(木)〜8日(日)
◇開催地:フランス・パリ
◇会場:チュイルリー公園(Jardin des Tuileries)(予定)
◇主催:SODES
◇出品物:レディスプレタポルテ
◇出品料:未定
     <参考>
     前回のアトモスフェール3月展実績
     418,000円/1小間(9平米)(助成後の金額)
◇申込締切:
アトモスフェール出品経験者  2009年11月30日(月)書類必着
アトモスフェール出品未経験者 2009年12月10日(木)書類必着
◇お問い合わせ:
 海外見本市課 担当:内藤、野島、笹島
 TEL:03-3582-5183 FAX: 03-3505-0450 E-mail:fab2@jetro.go.jp

↓詳細・お申し込みはこちら
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20090715447-event

※事前に主催者審査に通過いただく他、申込にはいくつか条件があります。
posted by Mark at 23:48| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IBPCパリ経済交流ミッション 参加者募集

日時
2009年11月29日(日)〜12月5日(土) 7日間
訪問地 パリ(フランス)
内容 今回のIBPC経済交流ミッションでは、世界一のマーケットである欧州市場への玄関口となるパリ(フランス)を訪問します。昨年、日仏外交関係150周年として日仏経済関係促進キャンペーン「イニシアチブ・フランス・ジャポン」が開始されたこともあり、今後益々活発な経済交流が期待されます。プログラムの主要なポイントは、下記の3点です。
(1) パリ市・経済団体との交流、現地・進出日本企業の視察
パリ市役所、経済団体を表敬訪問し、直接交流を図ります。また現地関係機関から生のビジネス状況をヒアリングします(現場の問題点も含む)
(2) フランス企業とのビジネスマッチング
自動車関連産業、小売業、サービス業など日本からの投資分野は幅広く、フランス企業も日本からの商品・ビジネスプランの提案や、日本文化・伝統産業に大変関心を持っています。
(3) ポリュテックオリゾン(国際環境展)での広報・商談のサポート
欧州最大級の環境・エネルギーの国際見本市です。(パリとリヨンで交互に開催。2007年パリの来場者数は45,000人以上) 開催期間は12月1 日〜4日です。本見本市に参加し自由に出展企業と商談を行えます。また、大阪市パリ事務所ブースにて御社のカタログ展示と広報を行います(4日間)。
*御社でブース出展を希望される場合は別途IBPCまでご相談ください。なお、IBPCでお申し込みの場合、JETROでのサポート以外に、通訳支援や上記のフランス企業とのビジネスマッチングへの参加などの特典がございます。
日程表
スケジュール 交通機関
1 11月29日(日)
関西空港 9:50 関西国際空港集合、結団式
関西空港発 11:50 空路パリへ
パリ着 17:15 バスにてホテルへ 
〈パリ泊〉
AF291
2 11月30日(月)
パリ  10:00-11:00 JETROパリ訪問(フランス最新動向をヒアリング)
パリ市役所表敬
午後 パリ市経済施設視察
パリ市内視察 
〈パリ泊〉
専用バス
3 12月1日(火)
パリ 終日 A)環境関連見本市「ポリュテック」視察・商談
(ポリュテック出展企業は1〜4日まで出展)
B)日系進出企業視察, フランス企業視察
〈パリ泊〉
専用バス
4 12月2日(水)
パリ 8:00 パリ市主催朝食会
9:00-13:00 商談会
15:00 ノルマンディへ出発
〈ノルマンディ泊〉
専用バス
5 12月3日(木)
ノルマンディ 午前 モン・サン=ミシェル見学
午後 パリへ
夜 大阪市・IBPC主催、現地企業、
日系進出企業等との交流会
〈パリ泊〉
専用バス
6 12月4日(金)
パリ 11:00 空港へ
パリ発 13:55 パリ発
〈機中泊〉
専用バス
AF292
7 12月5日(土)
関西空港着 8:25 関西空港着・解散 専用バス
利用航空会社:AF (エールフランス航空)
*上記スケジュールから現地事情等により変更になる場合がありますので、
ご了承ください。
主催 大阪市、財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪ネットワークセンタ−)、大阪ビジネスパートナー都市交流協議会
協力 日本貿易振興機構大阪本部
後援 在日フランス大使館 企業振興部 - ユビフランス 大阪事務所
申込み ■募集締切日:2009年9月30日(水)まで(先着15名様)
(1)こちらからオンライン登録にてお申込みください。
(2)こちらから申込書(PDF)をダウンロードしてFAXにてお申込みください。
参加費 315,000円/人(大阪発着、エコノミークラス、シングルルーム利用)
◎IBPC会員割引あり。別途お問い合わせ下さい。
問合せ 財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪ネットワークセンター)
国際部 経済交流課 大平、松本
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
アジア太平洋トレードセンター ITM4-M-4
TEL:06-6615-5522 FAX:06-6615-5518
Eメール:nc@ibpcosaka.or.jp
posted by Mark at 16:02| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

フランス・パリ経済圏『ヴァルドワーズ県』プロモーションセミナー

 日 時: 2009年11月10日(木) 14:00〜18:00(受付開始 13:40)
   場 所: 大阪商工会議所 6階白鳳の間
        http://new.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html
   主 催: 仏ヴァルドワーズ県大阪事務所
   共 催: 大阪商工会議所
   参加費: 無料(大商会員・非会員を問わず、要・事前登録)
   お問合せ先: 仏ヴァルドワーズ県大阪事務所 TEL:06-6944-5181
 ◇詳細・お申込はこちら↓
  http://r26.smp.ne.jp/u/No/95463/CknlGFH7ci0D_103395/1110_puromosyon.html

posted by Mark at 12:24| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。