最近の記事
header_logo.GIF

フランス語・フランス進出・フランス旅行・結婚式ならお任せ下さい

2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。


posted by Mark at 18:11| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:45| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

フランスの格下げ、市場は既に織り込み始める

□フランスの格下げ、市場は既に織り込み始める
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24199820111116?rpc=131
 
 □フランスは景気減速に向かっているが、景気後退ではない=経済相
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24201520111116?rpc=131

 □東京市場は株安・金利低下進む、仏国債格下げのうわさで
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24199420111116?rpc=131

 □世界経済展望
 http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/globaleconomy?rpc=131
posted by Mark at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

  6月2日(木) 「アペリティフの日」 チケット販売開始! 

     http://aperitif.jp/           
      
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2010年、フランス・ガストロノミーがユネスコの無形文化遺産に登録されまし
た。フランス料理そのものではなく、フランスの伝統の食文化が、改めて世界
に認められたのです。私どもが推奨する「アペリティフの日」はまさにフラン
ス食文化の結晶といえましょう。
今年で8年目を迎えようとする6月第一木曜日の「アペリティフの日」は、食へ
の関心の高い日本では、ガストロノミーの原点として定着し始めています。

今年は全国11都市で。「アペリティフの日」開催します(東京、京都、横濱、
埼玉、大阪、宮崎、土佐、名古屋、富山、岡山、千葉)。

----------------------------------------------------------------------
「アペリティフの日」 in 東京
----------------------------------------------------------------------
年に1回のフレンチ最大の祭典としてグルメ待望のイべント。

   ◆会場:六本木ヒルズアリ−ナ
   ◆料金:
第1部 11:30〜13:00 3,500円
 第2部 13:10〜14:40 3,500円
 第3部 14:50〜16:20 3,500円
 第4部 17:30〜19:00 4,000円
 第5部 19:10〜20:40 4,000円


   ◇チケット販売中。オフィシャルチケットサイトはこちら ↓
     http://aperitif.jp/

   ◇イベント詳細はこちら ↓
     http://www.franceshoku.com/aperitif/tokyo.html

   ◇「日本応援プロジェクト」ブースを設置
     ●トップ・テロワール・ワイン(輸入企業が選んだ美味しいフラン
スワイン)を通常価格のほぼ半額で販売。売上の全額を東日本大
震災への義援金として寄付。
     ●その他の食品や小物も販売。売上げの全額を寄付。
     ●福島県産品を農家が直接販売。
     (その他のイベント開催都市も「日本応援プロジェクト」に参加し
      ます。支援の内容は、各地のご案内をご覧ください。
      http://www.franceshoku.com/aperitif/

※チケットは前売りのみで、当日券の販売はありません。毎年、早くに完売し
てしまいます。お早めにご購入ください!

----------------------------------------------------------------------
★京都、横濱、名古屋のチケットもオフィシャルチケットサイトにて販売中!
  http://aperitif.jp/

★その他の都市のチケット販売に関しては各都市詳細のホームページをご覧く
ださい。
 http://www.franceshoku.com/aperitif/

----------------------------------------------------------------------
全国アペリティフ販促プロモーション
----------------------------------------------------------------------
「アペリティフ」という言葉が食品業界にとって大きな販促のキーワ−ドとな
るよう、全国規模での店舗内プロモ-ションの開催を呼びかけています。

主催:フランス農水省 / フランス食品振興会
対象: 全国のすべての小売店、ホテル、レストランなど
実施内容: 無料ご提供POPを使用して貴店独自のアペリティフ・プロモーショ
ンを展開してください(小売店:店頭プロモ−ション、飲食店:アペリティフ
・フェア)

参加店募集:5月13日(金)まで
キャンペーン開催: 5月20日(金)〜7月(1週間以上実施)
     できるだけ6月2日をはさんでください。

詳細・お申し込みは以下で:
http://www.franceshoku.com/aperitif/promo.html
posted by Mark at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

Paris Manga Expo

「Paris Manga Expo(1)」
http://www.apalog.com/paris/archive/52?mail

「Paris Manga Expo(2)」
http://www.apalog.com/paris/archive/53?mail


2月5〜6日に、パリ ポートデヴェルサーユで「Expo Paris Manga」(パリ
・マンガ展)が開催され、マンガを愛するコスプレパリっ子が大集結!
posted by Mark at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

2011年上半期 食関係の主な現地開催イベント情報

<1月>
◆ミレジム・ビオ
 Millesime Bio
  2011年1月24日(月)〜1月26日(水)
モンペリエにて。
   1993年から毎年開催されている、有機栽培のぶどうから造ったワインの
   国際見本市。
   http://www.millesime-bio.com/

◆サロン・デ・ヴァン・ド・ロワール 
 Salon des Vins de Loire
   2011年1月30日(日)〜2月1日(火)
   アンジェ Parc des Expositionsにて
   毎年開催されるロワールワインの見本市。
   *業界関係者のみ
   http://www.salondesvinsdeloire.com

<2月>
◆パリ国際農業展
 Salon International de l'Agriculture
   2010年2月19日(土)〜2月27日(日)
   パリ Porte de Versaillesにて
   http://www.salon-agriculture.com/


<3月>
◆ローヌ渓谷祭(ローヌワイン見本市)
Decouvertes en vallee du Rhone
   2011年3月1日(火)〜6日(日)
   2年に一度開催されるローヌワインの国際見本市。
   *ワインに携わる流通・料飲業界・報道関係者のみ
   http://www.decouvertes-vins-rhone.com

<6月>
◆ヴィネクスポ 
 VINEXPO
   2011年6月19日(日)〜23日(木)
   ボルドー市(フランス)にて
   世界最大の業界対象の見本市。
   *業界関係者のみ
   http://www.vinexpo.com/

posted by Mark at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

2010年05月20日

アペリティフの日」 in 東京

フランス農水省が6月の第一木曜日を「アペリティフの日」と定め、世界各国
でイベントが行なわれるようになってから、今年で7年目。6月3日(木)には、
欧米、アジア、中近東など世界22カ国39都市で「アペリティフの日」を盛大に
祝います。

日本は、「アペしない?」という合言葉のもと、世界最多の8都市(東京、京都
横濱、埼玉、大阪、宮崎、鹿児島、高知)で開催し、昨年を1,000名あまり上回
る、8,280名の参加が見込まれています。


■「アペリティフの日」 in 東京

・毎年恒例、六本木ヒルズにフレンチのトップシェフが集結。
   腕によりをかけたオリジナルアミューズを提供します。
・100銘柄を越えるフランス産飲み物をご用意。
   ソムリエ、バーテンダー、メートルドテルなどのプロのサービスマンが
   サービスします。
・シェフブースでは、シェフ1人あたり5種類以上のアミューズをご用意。
   「今年、スペシャルとして考えているのは、フランス産小麦にフランス
   産バターを使い、ピエール・オテイザの生ハムをのせたものです。また
   各回20本限定で「バケット・アペ」を準備します」。
   (藤森二郎氏(エスプリ・ドゥ・ビゴ))
・ドリンクブースでは、フランス全土の14地方のワインをご用意する予定。
   普段はなかなか飲むことのできない高級ワインもグラス販売します。
   (入場クーポンで割引となります)
・今年初、「六本木アペ・マルシェ」を開設。
   チーズやパン、瓶・缶詰、ジャム、紅茶などの食品や雑貨を販売予定。
   本場フランスのマルシェのようにお買い物を楽しんでください。   
・アペリティフカクテルコンクール
   こちらも恒例。NBA・HBAの会員バーテンダーを対象に参加者を募り、創
   作カクテルを競うコンクールです。
   公開決勝は、第1部。表彰式は第2部にて。
・さらに、今年はパリがテーマの人気キャラクター「リラックマ」が登場!。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitiftokyo.html

☆チケット販売★
・第4部は完売しました。
・第1〜3部も、残りわずかです。当日券の販売はいたしません。前売り券のみ
 ですので、お早めにご購入ください!
・料金:第1部 11:30〜13:20 3,500円 (豪華なランチにどうぞ!)
   第2部 13:30〜15:20 3,500円 (ステージにご注目!)
   第3部 16:30〜18:20 3,500円 (ゆっくり楽しむにはこの時間帯!)
   第4部 18:30〜20:20 4,000円 (完売御礼!)

・チケットは以下の専用サイトで販売中です↓
   http://aperitif.jp/


■「アペリティフの日」 in 京都

・国の登録有形文化財(建物)にも指定されている瀟洒な3階建ての関西日仏
 学館の建物の全館で開催。
・京都フランス料理研究会のシェフ30名がアミューズブーシュをご提供。
・京都・滋賀のトップシェフたちのアミューズとソムリエ・バーテンダーたち
がフランス産飲料をサービス。
・パンやチーズフランス食材のマルシェも登場。
・フランスから特別来日のシャンソン歌手「ムーロン」のミニコンサートや
 シェフのパフォーマンスもあり、会場はにぎやかに。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifkyoto.html

☆チケット販売★
チケット料金: 前売り 3,000円 
当日 3,500円 (枚数に限りがあります)

チケットは以下の専用サイトで販売中です↓
   http://aperitif.jp/

その他、 KBS京都プレイガイド・関西日仏学館・京都新聞トマトクラブ・セブ
ンイレブンにて販売中です。


■「アペリティフの日」 in 横濱

・昨年、開港150周年を迎えた大さん橋ホールで開催。
   これまで受け入れられる来場者数は500名でしたが、今年は800名に拡大
   します。
・横濱が誇るトップシェフが集う横浜ガストロノミ協会がアミューズブーシュ
 をご提供。
   フランスのみならず、和食・中華など、さまざまな分野のシェフがご用
   意します。
・横濱らしく、ジャズの演奏も。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifyokohama.html

☆チケット販売★
チケット料金:4,000円

チケットは以下の専用サイトで販売中です↓
   http://aperitif.jp/


■「アペリティフの日」 in 埼玉

・埼玉県内で最高層の、大宮ソニックシティビル31Fのレストラン「ペイサー
 ジュ」が会場。眼下に見事な夜景が広がります。
・シェフクラブSAITAMAの会員シェフのアミューズブーシュとともに、お楽し
 みください。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifsaitama.html

☆チケット販売★
チケット料金:4,000円

レストラン「ペイサージュ」にて。電話受付 (TEL.048-647-4190)
およびシェフクラブSAITAMA会員各店舗での店頭販売。


■「アペリティフの日」 in 大阪

・会場は、昭和7年に開館し、大阪大空襲の被害も免れ、国の重要文化財に指
 定された綿業会館。
   三休橋筋のガス灯の眺めを楽しみながら、アペリティフをゆっくりとお
   楽しみください。
・好評のワインセミナー、綿業会館ツアーはもちろん、参加シェフ・ソムリエ
による実演イベントも充実して行う予定。
・好評を得ていたシガーコーナーも復活。
・さらに今まで使用していないお部屋も利用してより雰囲気のある空間をお楽
 しみ頂けます。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifosaka.html

☆チケット販売★
チケット料金:3,500円

チケットは以下の専用サイトで販売中です↓
http://www.3984st.com/


■「アペリティフの日」 in 宮崎

・宮崎山形屋新館6階「アレッタ宮崎」 にて、宮崎市内外のホテル、レストラ
 ンからシェフ自慢のアミューズブーシュが集結。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifmiyazaki.html

☆チケット販売★
前売 2,500円(当日 2,800円)

協力店舗にて店頭販売中です。


■「アペリティフの日」 in 鹿児島

・アミュ広場 (鹿児島市・アミュプラザ鹿児島) にて、鹿児島で活躍する
 シェフ、ソムリエたちがアミューズや、カクテル&ノンアルコールの飲物を
 用意します。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifkagoshima.html

☆チケット販売★
前売 3,000円(当日 3,500円)

問合せ先 :ブラッスリーヴァンダンジュ 電話 099-226-2729


■「アペリティフの日」 in 高知

・今年初参加の土佐(高知市)。
・日本で唯一の木造アーケード「高知市はりまや橋商店街アーケード内」にて
 開催。
・高知の食材も駆使した食前酒やオードブルをご提供。
・「いちむじん」のライブなど。
 (「いちむじん」は龍馬伝の第一部のエンディングの龍馬伝史跡巡りのコー
   ナーのBGMを担当したクラッシックギターのデュオです)
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifkagoshima.html

☆入場無料。フード&ドリンクは会場で販売します。 ★


■琵琶湖 アペリティフ・クルーズ
・アペリティフを楽しむクルーズが行われます。
  6月25日(金)、26日(土)、サンセット(18:00〜19:20)とトワイライト
  (19:40〜21:00)の2回。
http://www.franceshoku.com/aperitif/2010aperitifbiwako.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行・編集:フランス食品振興会 http://www.franceshoku.com/
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-12-8 3F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by Mark at 00:36| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

60年目を迎えたタストヴィナージュ  Les 60 ans du Tastevinage

3月20日(土)、春のタストヴィナージュが、ブルゴーニュのシャトー・ド・ク
ロ・ド・ヴージョで行われた。タストヴィナージュはワイン騎士団により1950
年に開始され、今年で60年目、85回目の会合を迎えた。
出品された833点のブルゴーニュワインの中から、タストヴィナージュの紋章
にふさわしいワイン243点が選出された。認定率は29.17%で、今回以上に認定
率が厳しかったのは2003年までさかのぼる。この厳しさにより、タストヴィナ
ージュのラベルは消費者を裏切ることはなく、タストヴィナージュの価値を高
めているのである。

リストは以下で:
http://www.tastevin-bourgogne.com/Actualite/Actualite/index.php

タストヴィナージュは、ブルゴーニュワインの品質の向上とその保証のために
1950年からコンフレリ・シュヴァリエ・デュ・タストヴァンが毎年審査を行い
一定以上の品質のワインについて、タストヴィナージュの紋章を与えている。
(http://www.tastevin-bourgogne.com/ より)
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

第50回 オーギュスト・エスコフィエ国際グラン・プリ

モンテ・カルロのレストラン「エルミタージュ」の料理人、パスカル・ガリグ
が、第50回オーギュスト・エスコフィエ国際グラン・プリを受賞した。同時に
パティシエ賞も受賞した。
ガリグ氏はモンテ・カルロにあるレストラン「エルミタージュ」で料理人とし
てつとめている。決勝進出者は、ガリグ氏を含め、フランス、イギリス、チリ
などからの6名。
規定の4時間30分の間に、オーギュスト・エスコフィエの旅に影響を受けたア
ミューズ・ブーシュと、ノロジカの料理、デザートはチョコレートの熱いスフ
レのタルトであった。
(hotellerie,2/6)
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

EU:ビオロジック製品についての新しいロゴ決定 Un nouveau logo selectionne pour tous les produits biologiques de l’Union europeenne

EUが新しいビオロジック製品についてのロゴを発表した。このロゴは、全欧の
芸術、デザインの学生を対象に募集した3,500点に及ぶデザインから、国際的
にも著名な専門家たちによる審査委員会が3点を選び、この3点について2ヶ月
にわたり、EUのサイトで、一般からの投票を受け付けていた。
このほど、全投票数の63%を獲得した作品が、新しいロゴデザインとして決定
した。デザインをしたのは、ドイツ人の学生で、葉をイメージしたもの。
新デザインは以下で:
http://ec.europa.eu/agriculture/organic/logo/index_en.htm

なお、新しいデザインのロゴは、2010年7月1日から、EUで生産された、すべて
の事前包装されたビオロジック製品(包装をあけないかぎり、中身を変えられ
ないもの)に表示することが義務付けられる*)。輸入製品については、掲載は
任意となる。
*)現在、EUのビオロジックのロゴの表示は任意。

(EU プレスリリース、2/8)
posted by Mark at 00:00| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

IBPCパリ経済交流ミッション 参加者募集

日時
2009年11月29日(日)〜12月5日(土) 7日間
訪問地 パリ(フランス)
内容 今回のIBPC経済交流ミッションでは、世界一のマーケットである欧州市場への玄関口となるパリ(フランス)を訪問します。昨年、日仏外交関係150周年として日仏経済関係促進キャンペーン「イニシアチブ・フランス・ジャポン」が開始されたこともあり、今後益々活発な経済交流が期待されます。プログラムの主要なポイントは、下記の3点です。
(1) パリ市・経済団体との交流、現地・進出日本企業の視察
パリ市役所、経済団体を表敬訪問し、直接交流を図ります。また現地関係機関から生のビジネス状況をヒアリングします(現場の問題点も含む)
(2) フランス企業とのビジネスマッチング
自動車関連産業、小売業、サービス業など日本からの投資分野は幅広く、フランス企業も日本からの商品・ビジネスプランの提案や、日本文化・伝統産業に大変関心を持っています。
(3) ポリュテックオリゾン(国際環境展)での広報・商談のサポート
欧州最大級の環境・エネルギーの国際見本市です。(パリとリヨンで交互に開催。2007年パリの来場者数は45,000人以上) 開催期間は12月1 日〜4日です。本見本市に参加し自由に出展企業と商談を行えます。また、大阪市パリ事務所ブースにて御社のカタログ展示と広報を行います(4日間)。
*御社でブース出展を希望される場合は別途IBPCまでご相談ください。なお、IBPCでお申し込みの場合、JETROでのサポート以外に、通訳支援や上記のフランス企業とのビジネスマッチングへの参加などの特典がございます。
日程表
スケジュール 交通機関
1 11月29日(日)
関西空港 9:50 関西国際空港集合、結団式
関西空港発 11:50 空路パリへ
パリ着 17:15 バスにてホテルへ 
〈パリ泊〉
AF291
2 11月30日(月)
パリ  10:00-11:00 JETROパリ訪問(フランス最新動向をヒアリング)
パリ市役所表敬
午後 パリ市経済施設視察
パリ市内視察 
〈パリ泊〉
専用バス
3 12月1日(火)
パリ 終日 A)環境関連見本市「ポリュテック」視察・商談
(ポリュテック出展企業は1〜4日まで出展)
B)日系進出企業視察, フランス企業視察
〈パリ泊〉
専用バス
4 12月2日(水)
パリ 8:00 パリ市主催朝食会
9:00-13:00 商談会
15:00 ノルマンディへ出発
〈ノルマンディ泊〉
専用バス
5 12月3日(木)
ノルマンディ 午前 モン・サン=ミシェル見学
午後 パリへ
夜 大阪市・IBPC主催、現地企業、
日系進出企業等との交流会
〈パリ泊〉
専用バス
6 12月4日(金)
パリ 11:00 空港へ
パリ発 13:55 パリ発
〈機中泊〉
専用バス
AF292
7 12月5日(土)
関西空港着 8:25 関西空港着・解散 専用バス
利用航空会社:AF (エールフランス航空)
*上記スケジュールから現地事情等により変更になる場合がありますので、
ご了承ください。
主催 大阪市、財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪ネットワークセンタ−)、大阪ビジネスパートナー都市交流協議会
協力 日本貿易振興機構大阪本部
後援 在日フランス大使館 企業振興部 - ユビフランス 大阪事務所
申込み ■募集締切日:2009年9月30日(水)まで(先着15名様)
(1)こちらからオンライン登録にてお申込みください。
(2)こちらから申込書(PDF)をダウンロードしてFAXにてお申込みください。
参加費 315,000円/人(大阪発着、エコノミークラス、シングルルーム利用)
◎IBPC会員割引あり。別途お問い合わせ下さい。
問合せ 財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪ネットワークセンター)
国際部 経済交流課 大平、松本
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10
アジア太平洋トレードセンター ITM4-M-4
TEL:06-6615-5522 FAX:06-6615-5518
Eメール:nc@ibpcosaka.or.jp
posted by Mark at 16:02| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日フランス大使館・総領事館

フランス大使館
Embassy of France
〒106-8514 港区南麻布4丁目11-44
電話:03-5798-6000
特命全権大使:フィリップ・フォール 閣下
His Excellency Mr. Philippe FAURE

在大阪・神戸フランス総領事館
Consulate-General of France in Osaka-Kobe
〒540-6010 大阪市中央区城見1丁目2-27 クリスタルタワービル10階
電話:06-4790-1505
総領事:アラン・ナウム 氏
Mr. Alain NAHOUM
管轄区域:近畿、中国、四国、九州、沖縄、石川、福井、岐阜、愛知

在札幌フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Sapporo
〒060-0042 札幌市中央区大通西9丁目3-33 ジブラルタ生命札幌ビル3階
電話:011-281-5559
名誉領事:似鳥 昭雄 氏
Mr. NITORI Akio
管轄区域:北海道

在仙台フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Sendai
〒984-0073 宮城県仙台市若林区荒町209番地 宮城文化服装学院内
電話:022-227-1345
名誉領事:飯岡 智 氏
Mr. IIOKA Satoru
管轄区域:宮城

在長崎フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Nagasaki
〒850-0862 長崎市出島町3-10 株式会社澤山商会 内
電話:095-823-1221
名誉領事:澤山 精一郎 氏
Mr. SAWAYAMA Seiichiro
管轄区域:長崎

在福岡フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Fukuoka
〒810-8720 福岡市中央区渡辺通2-1-82 九州電力株式会社 総務部内
電話:092-732-4658
名誉領事:眞部 利應 氏
Mr. MANABE Toshio
管轄区域:福岡

在新潟フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Niigata
〒950-0992 新潟市上所上1-8-14 ネットワークビル2階
電話: 025-282-2988
名誉領事:萱場 和彰 氏
Mr. KAYABA Kazuaki
管轄区域:新潟、富山、長野

在広島フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Hiroshima
〒730-0037 広島市中区中町5-23 広島テレビ別館2階
電話:082-245-8576
名誉領事:野村 尊敬 氏
Mr. NOMURA Sonkyo
管轄区域:広島

在名古屋フランス名誉領事館
Honorary Consulate of France in Nagoya
〒448-8661 愛知県刈谷市昭和町1-1 株式会社デンソー内
電話:0566-25-5547
名誉領事:齋藤 明彦 氏
Mr. SAITO Akihiko
管轄区域:愛知

posted by Mark at 00:58| Comment(1) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

感性kansei -Japan Design Exhibition-」

◇会期:2008年12月12日(金)〜21日(日)
◇開催地:フランス・パリ
◇会場:装飾美術館(ルーブル宮内)
◇出品物:
 インテリア、電化製品、テーブルウェア、生活用品、ファッション雑貨、
 印刷物、皮革製品、ファブリック、文房具、キッチン用品、精密機器、家具、
 その他

↓詳細はこちら

「感性kansei -Japan Design Exhibition-」について
http://www.jetro.go.jp/events/kansei/

感性価値創造イニシアティブ について
http://www.meti.go.jp/press/20070522001/20070522001.html

posted by Mark at 01:19| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

フランスで覚えておくとよい電話番号

■救急
TEL 15

■警察
TEL 17

■消防署
TEL 18

 
posted by Mark at 22:12| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。