最近の記事
header_logo.GIF

フランス語・フランス進出・フランス旅行・結婚式ならお任せ下さい

2012年08月10日

フランスでビール消費の減少続く

フランスでビール消費の減少続く
La baisse de la consommation se poursuit en France
----------------------------------------------------------------------
フランスでのビール消費は2011年も減少を続け、2012年に入っても、春に天候
が恵まれなかったために、減少傾向が続いている。

続きは以下で ↓
http://www.franceshoku.com/mailmagazine/2012/mm0625.html#france-1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
フランスの家庭でのスパークリングワインの購入量が減少
Les vins effervescents ont moins eu la cote aupres des francais
----------------------------------------------------------------------
フランスの家庭でのスパークリングワインの購入量が、2011年は減少した。一
方、スパークリングワインの主要な販売現場である大規模小売店では、スパー
クリングワインの販売は維持されているが、シャンパーニュの販売は減少して
いる。

続きは以下で ↓
http://www.franceshoku.com/mailmagazine/2012/mm0625.html#france-2

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
とても古いぶどう樹が歴史的記念物としての認定を受ける
Gers : de tres vieilles vignes inscrites aux Monuments Historiques
----------------------------------------------------------------------
南西地方のAOPサン・モンのコトー・ド・ニナンにあるぶどう畑の12列、600株
のぶどう樹が、フランス文化財センターから、歴史的記念物としての認定を受
けた。この中の一部は、1830年に植えられたとされ、まだ現役として果実を実
らすぶどう樹としては、現在フランスの中で最も古い樹である。

続きは以下で ↓
http://www.franceshoku.com/mailmagazine/2012/mm0625.html#france-3

posted by Mark at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァン・ド・フランスが輸出で存在感

ヴァン・ド・フランスが輸出で存在感
Les < Vins de France > se sont fait leur place a l’export
----------------------------------------------------------------------
2009年収穫分から導入された地理的表示なしのワイン「ヴァン・ド・フランス」
は3年目を迎えた。この2年間の結果は、ヴァン・ド・フランスがフランスワイ
ンの輸出において、重要な位置を占め始めたことを示している。

続きは以下で ↓
http://www.franceshoku.com/mailmagazine/2012/mm0510.html#france-1

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
フランソワ・オランド氏:「ワインは我々の経済の切り札の一つ」
Francois Hollande : < le vin fait partie de nos atouts economiques >
----------------------------------------------------------------------
フランスの新大統領に選出されたフランソワ・オランド氏が、5月6日の決選投
票を控えた4日、RTLラジオ局の朝の番組に招かれた。この中でオランド氏は、
フランスの輸出においてワインは重要であるとの認識を示した。

続きは以下で ↓
http://www.franceshoku.com/mailmagazine/2012/mm0510.html#france-2

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
危機とは無縁トック・エロシェ競売会
Toques et Clochers
----------------------------------------------------------------------
先日行われたトック・エ・クロシェ競売会では、二つの注目すべき点があった。
一つは、リムーのオート・ヴァレー地区のワインに高値が付いたことで、アン
ドレ・カヴェユのクロシェ・ド・ラ・セルパンは8,800ユーロ、シルヴィ・ト
ルグロッサのクロシェ・ド・モンアゼルは8,000ユーロで取引された。もう一
つは、世界中から新しいバイヤーが参加したことである。

詳細は以下のリリースをご覧ください ↓
http://www.franceshoku.com/pdf/toquesclocher-2.pdf
posted by Mark at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

パリ食品輸出商談会

◆日 時:第一回 2012年2月23日(木曜) 13時30分〜18時00分
第二回 2012年3月6日(火曜) 13時30分〜18時00分
※イベントの内容は同じです。ただし来場するバイヤーが異なる
可能性があります。
◆場 所:フランス・パリ
◆共 催:ジェトロ
◆定 員:各日20社・団体
◆申込締切:2012年1月17日(火曜)17時00分 必着
◆詳細、お申込はこちら↓
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20111227215-event

≪お問い合わせ先≫                                   
ジェトロ農林水産・食品企画課(担当:井澤、米山)
TEL:03-3582-4966 FAX:03-3582-7378
E-mail:afa-pr@jetro.go.jp
posted by Mark at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

フランスにおける日本食品市場開拓セミナー

ジェトロでは、ジェトロ・パリの食品コーディネーターを講師に迎え、フランス
における日本食品市場開拓をテーマとしたセミナーを開催します。フランス市場
への食品輸出にご関心のある中小企業の皆様、ぜひご参加ください。

◆日 時:2011年12月14日(水曜)13時30分〜15時20分
◆場 所:第二吉本ビルディング 15階 I会議室
(大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザ・ウェスト)
◆講 師:岡部 純(ジェトロ パリ事務所 食品コーディネーター)
◆参加費:無料
◆対 象:中小企業
◆定 員:60名 (先着順)※定員に達した場合のみご連絡します。
◆主 催:ジェトロ大阪本部
     
◆詳細・お申し込みはこちら↓↓
 http://www.jetro.go.jp/industry/foods/events/20111122144-event

◆お申し込み締切:2011年12月9日(金曜)

◆お問い合わせ先:ジェトロ大阪本部事業推進課
        (担当 内容について:鈴木(智)、出欠席について:堀尾)
         TEL:06-6447-2316 FAX:06-6447-2336
         E-mail:bpos@jetro.go.jp      
posted by Mark at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

フランスの格下げ、市場は既に織り込み始める

□フランスの格下げ、市場は既に織り込み始める
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24199820111116?rpc=131
 
 □フランスは景気減速に向かっているが、景気後退ではない=経済相
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24201520111116?rpc=131

 □東京市場は株安・金利低下進む、仏国債格下げのうわさで
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-24199420111116?rpc=131

 □世界経済展望
 http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/globaleconomy?rpc=131
posted by Mark at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

<フランス・首都圏よりミッション団が来日!> 「フランス・ヴァルドワーズ県 プロモーションセミナー&交流会」

http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/111109fra.pdf

====================================================■□■

大阪府と友好都市関係にあるフランス・ヴァルドワーズ県は、
パリ首都圏の「玄関口」と呼ばれ、近年高度テクノロジーを中心と
した多様な産業が集積するなど、注目を集めています。この度同県
より産学官交流ミッションが来阪し、ヴァルドワーズ県プロモー
ション・セミナーを開催する運びとなりました。
本セミナーでは、フランス・ヴァルドワーズ県の強みとなる産業や
最新情報を数多くご覧いただけるセミナーです。
EU内でのロジスティック・販売拠点設立、既存拠点の移転・再編、
更にIT・バイオ・ロボット分野の企業関係者との交流をお考えの方は、
どうぞご参加ください。
また、セミナー終了後は、ミッションメンバーである企業関係者、
大学や研究者などと幅広く交流できる懇親会を開催します。
こちらも奮ってご参加頂きたくご案内申し上げます。
http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/111109fra.pdf

                      記

◆日  時: 2011年11月9日(水)
         第一部 セミナー 14:00-16:30
         第二部 交流会  16:30-18:00
◆場  所: 大阪商工会議所 6階
         (大阪市中央区本町橋2-8)

◆主  催: 仏・ヴァルドワーズ県大阪事務所

◆共  催:   大阪商工会議所

◆言  語: 日本語-仏語

◆定  員: 60名 (第二部はセミナー出席者優先)

◆申   込: 申込み書に記入後、FAXでお申込下さい。

◆参 加 費: 無料

◆問合せ先:  (仏・ヴァルドワーズ県大阪事務所)
         TEL&FAX 06-6944-5181
         携帯電話 090-3266-9327
         Email:  natsu228@yahoo.co.jp
        (大阪商工会議所 国際部 長尾、丸山) 
         TEL    06-6944-6400
         FAX    06-6944-6293
         E-mail:  nagao@osaka.cci.or.jp
http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/111109fra.pdf

posted by Mark at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

ビジネス環境セミナー「フランスにおけるIFRSの適用

http://www.invest-in-france.org/Medias/Publications/1503/Invitation_Seminar_IFRS_JPv2.pdf

IFRSの適用について、企業の会計基準からIFRS基準への移行時に多くみられる
再処理の例、今後数年間でIFRS基準に期待される重要な変更点について、専門
家よりご紹介いたします。ご関心の向きには奮ってご参加ください。

◆日  時:10月24日(月)大阪/10月25日(火)東京 14時30分〜17時30分
      (開場:14時00分〜)

◆会  場:【東京会場】在日フランス大使館
           (〒106-8514東京都港区南麻布4-11-44)
      【大阪会場】関西経済連合会 29階会議室
           (大阪市北区中之島 6-2-27 中之島センタービル)

◆主  催:対仏投資庁日本事務所

◆共  催:カデラス・マルタン公認会計士事務所・監査法人、関西経済連合会

◆後  援:日本貿易振興機構(ジェトロ)

◆内  容:
 1.開会のご挨拶
 2.「対仏投資庁のサービス、日本の対仏投資状況」
 3.「フランスにおけるIFRSの適用(前半)」 ※逐次通訳付
 4.質疑応答
 5.コーヒーブレイク
 6.「フランスにおけるIFRSの適用(後半)」 ※逐次通訳付 
7.協力覚書調印式
 8.質疑応答
 9.「在日フランス商工会議所(CCIFJ) のサービスについてご紹介」(東京のみ)
10. 閉会 (大阪は 17時20分 閉会)

◆参 加 費: 無料

◆定  員:50名

◆使用言語:日仏逐次通訳付

◆お申込方法:
下記リンクの参加申込用紙に記入の上ファックスもしくはメールにてご返信
お願い致します。
http://www.invest-in-france.org/Medias/Publications/1503/Invitation_Seminar_IFRS_JPv2.pdf

◆お申込締め切り:10月19日(水)
       
≪お問い合わせ先≫
対仏投資庁日本事務所(担当:松木/エルヴェ)
TEL:03-5798-6140 FAX:03-5798-6154
E-mail: japan@investinfrance.org
posted by Mark at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

フランスと大阪の経済投資交流の促進に向けて

大阪市は、フランスと大阪の経済投資交流の促進を図るため、6月15日(水)に
在日フランス商工会議所、在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所等と共同
で、「フランス−大阪 経済投資セミナー」を開催します。
相互に進出している企業からそれぞれの進出事例を報告いただくほか、フランス
の投資環境や大阪での企業進出サポート等についてプレゼンテーションを行いま
す。また、セミナー終了後には、参加者の交流を図るための昼食交流会を開催
するとともに、開発が進む大阪駅北地区先行開発区域「グランフロント大阪」
PRセンターの見学会も実施します。

◆日時:2011年6月15日(水) 10:15〜16:30
◆場所:大阪市公館(大阪市都島区網島町10−35)
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000020132.html
◆プログラム:
第1部 セミナー 10:15〜12:30 @大阪市公館 レセプションホール
1) 開会
2) 挨 拶:フィリップ・フォール 駐日フランス大使
3) 主催者挨拶:ベルナール・デルマス 在日フランス商工会議所会頭
4) 主催者挨拶/大阪の投資環境について:平松邦夫 大阪市長
5) フランス進出事例報告(日本企業):
木戸章司 NTN株式会社 常務執行役員/経営戦略本部 本部長
6) 大阪進出事例報告(フランス企業):
   仁野覚 エスモード・インターナショナル代表
7) フランスの投資環境について:
クリストフ・グリニョン 在日フランス大使館 対仏投資庁 日本事務所代表
8) 大阪での企業進出サポートについて:
竈門加珠子 大阪外国企業誘致センター(O-BIC)事務局次長
9) フランスでの企業進出サポートについて:
デヴィ・ル・ドゥサールTMI総合法律事務所 外国法事務弁護士(フランス法)
10) 閉会

第2部 昼食交流会 12:30〜13:45 @大阪市公館 会議室
※交流会のみのご参加はお受けできません。

  〜事前申込者のみ専用バスで移動

第3部 視察見学会 14:30〜16:30 @グランフロント大阪 PRセンター
定員:25名
※PRビデオ(英語)上映、ロボット実演等を含む

◆言語:日仏同時通訳/逐次通訳
◆主催:在日フランス商工会議所、在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所、
大阪外国企業誘致センター、大阪市、大阪国際経済振興センター、
大阪府、大阪商工会議所
◆後援:近畿経済産業局、日本貿易振興機構大阪本部、関西経済連合会(予定)、
大阪日仏協会、TMI総合法律事務所、エールフランス航空、フランス
    観光開発機構
◆定員:80名(先着順)
◆参加費:無料
◆申込:
(1) こちらのURLより、オンライン登録をしてください。
http://www.investosaka.jp/event/form/110517.cgi
(2) こちらのURLより、申込用紙を印刷し、必要事項をご記入のうえFAXでお申し
  込みください。
   http://www.investosaka.jp/event/pdf/110517_seminar.pdf
FAX 番号:06-6615-5518
◆申込期間:6月8日(水)までにお申し込みください。
◆問合せ:IBPC大阪企業誘致センター 担当:菊根、松本
   TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
   Email:matsumoto@ibpcosaka.or.jp
posted by Mark at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

ハッピー・アペリティフ・コンクール

ハッピー・アペリティフ・コンクールはNBA・HBAの会員バーテンダーを対象に
参加者を募り、創作カクテルを競うコンクールです。厳正な書類審査を通過し
た入賞者により、当日会場で決勝戦が開催されます。

詳細・お申し込みは以下で:
http://www.franceshoku.com/aperitif/ContestOutline.html
posted by Mark at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  6月2日(木) 「アペリティフの日」 チケット販売開始! 

     http://aperitif.jp/           
      
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


2010年、フランス・ガストロノミーがユネスコの無形文化遺産に登録されまし
た。フランス料理そのものではなく、フランスの伝統の食文化が、改めて世界
に認められたのです。私どもが推奨する「アペリティフの日」はまさにフラン
ス食文化の結晶といえましょう。
今年で8年目を迎えようとする6月第一木曜日の「アペリティフの日」は、食へ
の関心の高い日本では、ガストロノミーの原点として定着し始めています。

今年は全国11都市で。「アペリティフの日」開催します(東京、京都、横濱、
埼玉、大阪、宮崎、土佐、名古屋、富山、岡山、千葉)。

----------------------------------------------------------------------
「アペリティフの日」 in 東京
----------------------------------------------------------------------
年に1回のフレンチ最大の祭典としてグルメ待望のイべント。

   ◆会場:六本木ヒルズアリ−ナ
   ◆料金:
第1部 11:30〜13:00 3,500円
 第2部 13:10〜14:40 3,500円
 第3部 14:50〜16:20 3,500円
 第4部 17:30〜19:00 4,000円
 第5部 19:10〜20:40 4,000円


   ◇チケット販売中。オフィシャルチケットサイトはこちら ↓
     http://aperitif.jp/

   ◇イベント詳細はこちら ↓
     http://www.franceshoku.com/aperitif/tokyo.html

   ◇「日本応援プロジェクト」ブースを設置
     ●トップ・テロワール・ワイン(輸入企業が選んだ美味しいフラン
スワイン)を通常価格のほぼ半額で販売。売上の全額を東日本大
震災への義援金として寄付。
     ●その他の食品や小物も販売。売上げの全額を寄付。
     ●福島県産品を農家が直接販売。
     (その他のイベント開催都市も「日本応援プロジェクト」に参加し
      ます。支援の内容は、各地のご案内をご覧ください。
      http://www.franceshoku.com/aperitif/

※チケットは前売りのみで、当日券の販売はありません。毎年、早くに完売し
てしまいます。お早めにご購入ください!

----------------------------------------------------------------------
★京都、横濱、名古屋のチケットもオフィシャルチケットサイトにて販売中!
  http://aperitif.jp/

★その他の都市のチケット販売に関しては各都市詳細のホームページをご覧く
ださい。
 http://www.franceshoku.com/aperitif/

----------------------------------------------------------------------
全国アペリティフ販促プロモーション
----------------------------------------------------------------------
「アペリティフ」という言葉が食品業界にとって大きな販促のキーワ−ドとな
るよう、全国規模での店舗内プロモ-ションの開催を呼びかけています。

主催:フランス農水省 / フランス食品振興会
対象: 全国のすべての小売店、ホテル、レストランなど
実施内容: 無料ご提供POPを使用して貴店独自のアペリティフ・プロモーショ
ンを展開してください(小売店:店頭プロモ−ション、飲食店:アペリティフ
・フェア)

参加店募集:5月13日(金)まで
キャンペーン開催: 5月20日(金)〜7月(1週間以上実施)
     できるだけ6月2日をはさんでください。

詳細・お申し込みは以下で:
http://www.franceshoku.com/aperitif/promo.html
posted by Mark at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

Paris Manga Expo

「Paris Manga Expo(1)」
http://www.apalog.com/paris/archive/52?mail

「Paris Manga Expo(2)」
http://www.apalog.com/paris/archive/53?mail


2月5〜6日に、パリ ポートデヴェルサーユで「Expo Paris Manga」(パリ
・マンガ展)が開催され、マンガを愛するコスプレパリっ子が大集結!
posted by Mark at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

2010年12月26日

2011年上半期 食関係の主な現地開催イベント情報

<1月>
◆ミレジム・ビオ
 Millesime Bio
  2011年1月24日(月)〜1月26日(水)
モンペリエにて。
   1993年から毎年開催されている、有機栽培のぶどうから造ったワインの
   国際見本市。
   http://www.millesime-bio.com/

◆サロン・デ・ヴァン・ド・ロワール 
 Salon des Vins de Loire
   2011年1月30日(日)〜2月1日(火)
   アンジェ Parc des Expositionsにて
   毎年開催されるロワールワインの見本市。
   *業界関係者のみ
   http://www.salondesvinsdeloire.com

<2月>
◆パリ国際農業展
 Salon International de l'Agriculture
   2010年2月19日(土)〜2月27日(日)
   パリ Porte de Versaillesにて
   http://www.salon-agriculture.com/


<3月>
◆ローヌ渓谷祭(ローヌワイン見本市)
Decouvertes en vallee du Rhone
   2011年3月1日(火)〜6日(日)
   2年に一度開催されるローヌワインの国際見本市。
   *ワインに携わる流通・料飲業界・報道関係者のみ
   http://www.decouvertes-vins-rhone.com

<6月>
◆ヴィネクスポ 
 VINEXPO
   2011年6月19日(日)〜23日(木)
   ボルドー市(フランス)にて
   世界最大の業界対象の見本市。
   *業界関係者のみ
   http://www.vinexpo.com/

posted by Mark at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。